映画全編映像に合わせてフルオーケストラ生演奏!バーンスタイン生誕100周年記念 佐渡裕指揮「ウエストサイド物語」シネマティック・フルオーケストラ・コンサート。指揮:佐渡裕 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団/2018年8月4日(土)・5日(日)東京国際フォーラム ホールA

チケットのご予約はこちらから

小倉智昭氏が公演の魅力を語る!

佐渡裕が意気込みを語る:
インタビュー動画到着!

「ウエスト・サイド 物語シネマティック・フルオーケストラ・コンサート」は、舞台上の大スクリーンで映画全編を上映し、目の前でフルオーケストラの生演奏を合わせるシンクロライブ。
1961年に誕生したアカデミー賞10部門受賞の完璧なパッケージ(映画)の感動と、現代に生きるミュージシャンたち(オーケストラ)がその瞬間に音楽を創り上げる感動が共存する。
オーケストラ音は削除され、効果音と台詞、歌声だけ残した映像、例えば、冒頭のフィンガースナップ、トニーやマリアの歌、ジェット団シャーク団の体育館のダンスなどのシーンに、指揮者は耳に入るクリック音を頼りに約100名のオーケストラの演奏をぴったりと合わせなければならない。
「トゥナイト」「マリア」「サムホエア」「アメリカ」「マンボ」「クール」「ワンハンド・ワンハート」「クインテッド」など名曲の数々、そして「エンドクレジット」までもがノーカットで、映画に合わせて演奏され、再構築されていく。映像は待ってくれないから、少しの狂いも許されない、実に「音楽を扱う職人たち」が繰り広げるスリリングなコンサートだ。
この緊張感溢れるコンサートの指揮を担うバーンスタインの最後の愛弟子、佐渡裕は、"『ウエスト・サイド物語』の音楽に魅かれる理由は、複雑な構成の中での奥深さだ”と言う。
決して聴きやすいだけではない、頭と心に残る音楽。「シネマティック・フルオーケストラ・コンサート」だからこそ、天才バーンスタインを真に感じ取ることができるはずだ。

 

指揮 佐渡裕

©Akira KINOSHITA
私がバーンスタインに初めて会ったのは26歳の時、その後彼の晩年に3年ほど師事しました。彼の指揮姿を見ていなかったら今の自分はなかったと思います。
バーンスタインに色んな出会いやチャンスを頂きましたが、今年の1月には生誕100年を記念して彼の交響曲を指揮するためにアメリカデビュー(56歳にして)も果たしました。
"バーンスタイン生誕100周年"は、僕の中では「彼への恩返し」をする時という強い思いがある。彼に出会うことができた一人として、彼の作品の素晴らしさ、音楽の面白さを今こそ、そして生涯伝えていきたいと思っています。
「シネマティック・フルオーケストラ・コンサート」は私にとっても本当に難しい技術を求められ、一時も気を緩められない公演です。けれど皆さんは、難しいことは考えず、観て、聴いて、感じてもらえればいいと思う。当時のアメリカの天才たちが集まって作った傑作を、五感全部を使って堪能してください。

公演概要

バーンスタイン生誕100周年記念 佐渡裕指揮「ウエストサイド物語」シネマティック・フルオーケストラ・コンサート。指揮:佐渡裕 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(英語上映・日本語字幕あり)

東京公演

日時

2018
84日(土) 12:00 / 18:00 開演 
85日(日) 12:00 開演
場所
東京国際フォーラムホールA
アクセスマップ
お問合せ


キョードー東京
0570-550-799
オペレータ受付時間
(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

大阪公演

日時

2018
89日(木) 18:30 開演
場所
フェスティバルホール
アクセスマップ
お問合せ


キョードーインフォメーション
0570-200-888
オペレータ受付時間
(全日10:00~18:00)
PAGETOP